プラスチックと海の生物について

プラスチックストロー廃止に向かって世の中が動いています。
この理由ですが、元々プラスチックを再利用しようとプラスチックごみを買い取っていた国がありました。
プラスチックごみは洗浄して綺麗な状態でないと再利用できません。
その国は洗浄もして再利用していました。
ですが、この国がプラスチックごみの買取を辞めてしまったのです。
よって、日本のプラスチックごみは行き場をなくし、海に流れだしてしまっています。

海に流れだすことで何が起きるのか。
海に住んでいる魚や貝がプラスチックをエサと勘違いして食べてしまうんです。
このプラスチックには有害な成分も一緒に張り付いています。
その有害な成分を食べた魚や貝を私たちは獲って食べてしまうことになるのです。

主に飲食店で使われることが多いプラスチックストローですが、ヨーロッパを中心に廃止しようと動いています。

ですが、ストローは必要です。
日本でもマイ箸と同様にマイストローを売り出す企業も増えています。
スチール製のもので洗って何度でも使えるものです。
飲食店ではプラスチック製のものではなく再利用しやすい紙製のものへ交換しようと動いています。

このままではごみを買い取るのを辞めた国が一方的に悪いようにも聞こえます。
ですが、プラスチックは再利用できるのです。
代替品が出るとかいろいろな案が出ています。
ですが一番大切なのはちゃんと分別して廃棄に出すことです。
分別して廃棄に出せばリサイクルできるのですから。

プラスチックストローの裏に隠された環境問題の想い

プラスチックのリサイクルに声をあげる理由とは一体何でしょうか。 それは、海の生物の汚染です。 海の生物が汚染されてしまっても私たちは気づかずにその生物を食べてしまいます。 よって人体へと返ってきてしまうのです。 結果、人間の体に毒がまわることになります。

プラスチックごみの買い上げを辞めた国

日本やアメリカはいままでプラスチックごみを買い取ってもらっていました。 発展途上国に必要なセメントを作るのに材料として買い上げてもらっていたのです。 ですが、その国がプラスチックごみの買い上げをやめてしまいました。 では、買い上げられなくなったプラスチックは今どのように処分されているのでしょうか。

プラスチックストローの裏に隠された思い

身近になったプラスチックストローのリサイクルや廃止。 これらは世界的に問題とされています。 みんなにわかるようにと外国のことわざをとってプラスチックのリサイクルを推進しています。 そこで象徴的なのがストローです。 ストローの裏にはたくさんのプラスチックへの思いがこもっています。